ニュース

侵食が進む五浦海岸の「椿磯」=県がドローンで撮影(県河川課提供)
北茨城の景勝地 五浦海岸で侵食対策 県、消波ブロック設置へ

2018年1月24日(水)

断崖絶壁が続き県内有数の景勝地として知られる五浦海岸(北茨城市)で、荒波による侵食が急速に進んでいる。ドローンを使った県の調査で、崖の下部が波でえぐり取られて生じる「海食洞(かいしょくどう)」が多数存在することが新たに判明。将来的に…

記事全文 >>>

県南地域を中心にパン屋を展開する「クーロンヌジャポン」(本社取手市、田島浩太社長)が、昨年11月から寄付付き商品「ハッピークッキー」を販売し、売り上げの一部を、龍…


古河市五部の県立三和高(細野晃一校長、生徒407人)で、筑波大学との連携事業「未来からの手紙」が行われている。想像した3年後の自分と手紙をやりとりすることで、生徒が…


国天然記念物で絶滅危惧種のオオワシが茨城町の涸沼に今冬も飛来した。毎年3月中旬ごろまで越冬する。翼を広げると最大2・4メートルもある「鳥の王者」。りりしい姿を撮影…


RSS Feed Widget




PR特集

2018 年
 1 月 24 日 (水)

防災情報

茨城
東京
福島
栃木
千葉
表示なし

RSS Feed Widget
メニュー
投稿・読者参加
サービス