お問合わせ  |  購読・試読の申込み  |  茨城新聞取扱店一覧  |  支社局一覧  |  採用情報  |  企業情報
 
今日の天気  | 今日のスポーツ  | モダン運勢  | お買い物  | 軽量版トップ



日本がみえる47NEWS

47行政ジャーナル

茨城新聞データベース
総合案内
無料体験版
有料会員専用入口

コラム・論説
いばらき春秋
論説
記者手帳
デスク日誌
吐玉泉


いばキラTVに
動画配信しています
いばキラTV

県内選挙

茨城新聞日曜版 テイスト

スポーツ写真館

高校野球

読者参加
紙上フォトコンテスト
えんじょいスポーツ
県民の声
茨城川柳
同窓の友
マイスナップ
私の作品
アトリエ
ティータイム
茨城文芸

サービスのご案内
記念日新聞印刷サービス
写真販売サービス

のび伸び牛乳杯 ミルクカップ 第34回茨城県ちびっ子野球選手権大会

全国こども陶芸展inかさま

第38回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール

小学生読書感想文コンクール

第39回 茨城県ミニバスケットボール選手権大会






「市民社会をつくる~茨城NPOの挑戦」は、さまざまな分野で活動する県内のNPO法人やボランティア団体の代表者らが直接筆を執り、ミッションや思いを語るリレー連載。NPO活動などへの県民の理解を深めてもらい、来るべき「市民社会」の姿を考えます。全12回のシリーズで毎週月曜日の地方総合面に掲載します。



家族の在り方 同世代で支え合う生活
第9回 NPO法人ウィラブ北茨城代表理事 高松志津夫

私たちはいずれ年を取り、老いてわが身の世話を他者に委ねることになる。願うことならばピンピンコロリといきたいものだが、そのように人生を全うできる確率は低いと思う。
今、平日の病院の待合室は人であふれている。わが身の健康に留意し、最優先の課題として医療機関に通う方々がほとんどだ。周囲の者に迷惑を掛けたくない、という謙虚な心根から発する美徳がそうさせるのかもしれない。
その美徳の延長上に、「人生の終末」をどこで迎えるかという問題がある。昭和30年代くらいまでは、自宅で家族に見守られながら息を引き取るというのが一般的だったのだが、今は病院で亡くなる方が78%だそうだ。
個々に事情があるにせよ、ついのすみかはわが家でありたいと願うのは本心だろう。
子も孫も、親、祖父母の死に際に接することで、悼む心、人の尊厳、生前への感謝の気持ちなどを共有できるのだろうし、それが家族の絆・血縁につながるのではないか。
では、そこに至るまでの要介護状態になったとき、家族との関係は微妙になる。子らに迷惑を掛けたくないという思いと、親の面倒は子が担うものという思いが交錯する。介護保険制度も心情的には抵抗感があり、多くの家族介護の現場では、せめぎあいで苦労している。
家族、家族愛とは何だろう。弱ったときに助け合うだけの関係なのだろうか。いや、次世代に苦労を掛けまいとする凛(りん)とした姿勢が次世代の生きざまの指標となり、家族観の学びとなるのだ。
この世代において抱えた1千兆円もの借財を後世代に残さぬよう、私たちは自律しなければならない。それには祖父母、親、子、孫という縦型の血縁による家族構成に対し、価値観などを共有する同世代の結び付きによる、横型の疑似家族構成をもって支え合って生きるという選択も、賢明な一つの生き方ではないだろうか。

一覧に戻る



いばキラTVに出演します
連載に登場したNPO団体などが「いばキラTV」の番組に出演します。
放送時間は毎週月曜日か火曜日の夕方です。
過去の番組の閲覧はこちら




HOME









茨城グルメセレクション

グルメ
グルメセレクション
四季彩クッキング


茨城新聞「出前授業」

NIE

新聞には気づく、感じる、考えるがいっぱい。

聞いてください!新聞と消費税のはなし

広告のご案内
ホームページバナー広告
新聞広告について
折込みチラシについて

新聞関連リンク
日本新聞協会
日本ABC協会
日本新聞博物館
茨城新聞文化福祉事業団
茨城会(茨城新聞販売店会)
茨城書道美術振興会

お問合わせ | 個人情報保護方針 | 著作・リンク
 © THE IBARAKI SHIMBUN Co.,Ltd. All Rights Reserved.







?>